Smart Life
スマートライフ

スマートな生活を送るためのテクニック

Smart Life(スマートライフ)

トランクルームで部屋を広く使おう

大切な物でも、しばらく使わない場合は預かってもらえると助かるでしょう。また単純に部屋に物が増えて狭くなってきた場合にも、どこかで預かってもらいたくなるのではないでしょうか。そのような要望がある場合はトランクルームを利用してみるとよいでしょう。トランクルームは、そういったものを収納できるレンタル制のスペースです。

トランクルームは倉庫の運営業者が所有しています。預けても大丈夫なのかを心配する人もいるかもしれませんが、基本的には倉庫業者は国に登録する必要があるため安全に利用できます。通常は荷物の搬出や収納は倉庫業者に任せるのですが、希望があれば倉庫業者の監視のもとユーザーが自分で行うことも可能です。中にはユーザーに任せている業者もあります。

その場合は紛失などがあっても自己責任になるので気を付けましょう。多くの場合、トランクルームのセキュリティはしっかりしています。警備スタッフを常駐させているところや、24時間稼働のセキュリティシステムを設けているところが多いです。

ただし全てのトランクルームが万全とは限らないので、事前にチェックした方が良いでしょう。
また近年では、倉庫内の温度や湿度を調整する空調機器を備え付けているケースも多く見受けられるようになりました。そういうトランクルームを利用すれば、一定の温度や湿度で保管する必要がある骨董品や絵画などを預けても、劣化することがないので安心です。

トランクルームを利用すれば部屋を広く使えるようになりますが、安易に業者を選ぶべきではありません。自分が何を重視するのかをよく考えましょう。料金面やセキュリティ面、空調など、いくつもの要因を考慮して決めてください。

トランクルームを利用するメリット・デメリット

トランクルームは荷物の置き場に利用するだけではなく、引っ越しするまでの一時利用の収納や出張したときなどの荷物置き場に利用したりなど、最近の利用方法は様々です。
トランクルームは大きく分けて2種類にわけることができます。

トランクルームには屋内型と屋外型があります

屋内型のメリットは、屋外に比べると荷物の劣化を比較的簡単に防ぐことが出来ます。 場所柄、セキュリティ能力も高いことが多いです。 室内であるため、空調管理が行われていることが多いです。

デメリットとしては、快適な分、利用料金が高くなりがちです。 倉庫会社が運営している場合、荷物の出し入れのときに事業者の立ち会いが絶対に必要になることが多く、時間もとられて自由度が低くなってしまいます。 賃貸会社が運営している収納スペースの場合は、基本的に荷物の管理は利用者に委ねられているため、荷物に何かあったときに責任を負ってくれません。 屋外型のメリットとしては、環境が悪いことが多いので利用料金が比較的安い場合が多いです。

荷物の出し入れについて

屋外型のコンテナの入り口付近に車を横付けできる場合が多いので、荷物の出し入れの自由度が高いといえます。 デメリットとしては、屋内型に比べて敷地内に第三者が入り込みやすいため、セキュリティ面は低いと考えざるを得ません。 外に置いてあるコンテナの中は空調管理が行われていない場合が圧倒的に多いので、荷物が劣化する可能性が高いです。

荷物になにかあった場合でも、管理会社は責任を負ってくれません。トランクルームに何を収納するのかにもよって、屋内型か屋外型かを選ぶ必要があります。 料金を安く済ませたい場合や、劣化しない荷物の場合は屋外型などといった具合です。

» 市川市のトランクルームはタウンボックス

ひとり暮らしにオススメ!レンタル収納スペース

家を選ぶ時に収納力が決めてだったという意見を聞く事があります。人により条件や希望は様々ですが、収納力はあるにこした事はありません。最近は断舎離といって、自分にとって最低限必要な物だけを残して後は捨てていくのが良いという風潮がありますが、簡単に物を捨てられる人ばかりではありません。また、世間の風潮に流されてしまい、まだ使える物までを捨ててしまうのは、それはそれで問題かもしれません。

もちろん、何もかも捨てられなくて、足の踏み場もない部屋は問題です。しかし、普通の暮らしをしていくなかで、物が増えてしまうのは仕方のない事です。家の収納力と相談して上手く収まればよいのですが、そうはいかない場合もあります。特に一人暮らしの場合、クローゼットなどが小さい部屋に住んでいる人も多いでしょう。かといって、一人暮らしで何部屋もあり大容量の収納スペースがある家に住めるかというと、収入面や掃除などの管理も含めて難しいのは否めません。もちろん裕福であればそういった部屋に住む事ができますし、どんなに物が増えても困らない広さのスペースもあるかもしれません。

一人暮らしの収納について

では、そうでない、一般的な一人暮らしの部屋に住んでいる人の荷物が収納しきれなくなった場合どうすればよいのでしょうか。そこでおススメしたいのがレンタル収納スペースです。用途や量により、コンパクトなタイプから、部屋として使えるぐらいの広さがあるものまで様々です。換気や湿度なども管理されているのでカビの心配をする必要もありません。自宅で管理していると、衣替えをした際にお気に入りの洋服にカビがはえていたなんて事もあるかもしれません。

また、たまにしか使わないようなスーツケースやキャンプ用品のような大きなものは、狭い一人暮らしの部屋では収納しきれない場合もあります。荷物の為に無駄に広い部屋を借りるより、レンタル収納スペースを利用する方が賢いといえるでしょう。